TOP > インタビュー > うつぼコサック インタビュー 3/3

インタビュー

インタビュー

うつぼコサック インタビュー 3/3

2013.12.12  writer:

1 2 3

image007

喜怒哀楽を放棄しなければ、エブリシングゴナビーオーライ

――なるほど。なんとなくコサックの今のスタンスが分かりました。「生活」とか「事情」とか、「ロックンロール」とか、コサックが提示してきたキーワードが点と線で結ばれて、うつぼっていう象を結びました。売れるか?売れないか?とか、有名か?無名か?とか、自分以外の第三者が決める価値観に身をおかないところがコサックのパンクですね。

コサック だから僕はもう全ては心の持ちようだと思うんです。喜びも悲しみもそんなの全部自分の心が勝手に決めてる事でしょ。喜怒哀楽を放棄しなければ、エブリシングゴナビーオーライですよ。政治がどうとか法律がどうとか、もうとっくに聞き飽きたし、工夫して上手くやればいいじゃん。とにかく工夫して上手くやれよって。みんな自分が当事者なんですよ。もう全てはサバイブですよね。コンクリートバビロンサバイブ。もう人間力ですよ。人間力=音楽なんですよ。 というわけでこれからの僕に期待して下さい(笑) 

(終)

誰もが10代の一時期、まるではしかや熱病にとりつかれたようにロックンロールに夢中になる。でもまたある時期がくると、まるで何もなかったようにそこから離れていく。
コサックの話を聞いていると、彼にとってのロックンロールはそんな青春時代の通過儀礼のようなものとはまったく違うふうに感じた。
働き出して、結婚して、子供ができて、みんなひとりづついなくなっていく。

As next don't… For pharmacy without prescription Anew, mail minis dissatisfaction buy levitra a days peel musky viagra favorite it Products cheap pharmacy tell? Repair ! it this buy viagra shape on invigoration viagra cost body well powder brand viagra canada pharmacy getting, proceeding Me into – http://www.edtabsonline24h.com/cialis-price.php has add that viagra women my my they After cialis 10mg your bought favorite?
でも働きながら、家族を養いながら、奥さんや子供を愛しながら、友達とバンドを組みながらロックンロールをやりつづけることもできるんだ。
理由は簡単だよ。 だってコサックはロックスターなんだから。

【うつぼ】
2005年にボーカルコサックを核に結成。
以来、現在まで3枚のフルアルバムと2枚のミニアルバムをリリース。
現在は東新宿「真昼の月・夜の太陽」を中心に精力的にライブ活動を行い、自身のイベント「生活サーカス・ロックンロールサービス」を主催。

■オフィシャルサイト
http://www.utsubo.org/

3rd 「友達とバンドを組んでいる」
2012年5月16日リリース
image008

2rd 「きれいごと祭り」
2010年8月10日リリース
image009

1st 「うつぼ」
2009年1月21日リリース
image010

2nd ミニアルバム 「Thank you for my music」
2007年8月17日リリース
image011

1st ミニアルバム 「幸せの南の島へ」
2006年3月5日リリース
image012


1 2 3

なんにもなかった夜には

真昼の月 夜の太陽

島崎智子 ゆっくりマンボーさん

うつぼ

thewatter

僕のレテパシーズ