TOP > インタビュー > 古宮大志(僕のレテパシーズ)インタビュー 1/3

インタビュー

インタビュー

古宮大志(僕のレテパシーズ)インタビュー 1/3

2013.12.3  writer:

1 2 3

俺たちは生活も芸術も全部一緒くたにして、新しい芸術を作らないといけない
だって、芸術って常に生活する人の味方なんだから

ライブハウスってこわいから好きじゃなかった。
なんか暗いし狭いし空気は悪いしさ。

中学生の時、ゲームセンターでヤンキーに「ぶっとばしてやるよ」って言われカツアゲされて以来、いまだに僕はライブハウスでもビクビクしている。
でも、心優しい不良もいるってことを最近知ったんだ。

「僕のレテパシーズ」のボーカル、古宮大志さんは海から上がった恐竜みたいに、ザッパーンとホールの一番うしろまでずぶぬれにして観客をさらっていく。
漂いながら僕はステージに1000枚の風景を観たことがある。

「ぶっこわしてやるよ」って、よく大志さんはステージで言うのに全然こわくないのはなんでだろう?
僕のレテパシーズはそんな心優しい不良少年たちの音楽。
こんな不良に出会えるライブハウスなら僕は大好きだよ。あいつらカツアゲとかしなそうだしさ。

詩人はきっと「美しさ」とか「優しさ」って言葉をつかわずに、なんとか歌でそれを表現するのだろう。
だからそんな歌を聴くとたまらなく世界が愛おしくなる。

甲本ヒロトさんはその昔、「どぶねずみの美しさが分からないやつは大したことねえ」って言ってたけど、「僕のレテパシーズの美しさが分からないやつは大したことねえ」って僕は思ってる。

2013年11月13日にファーストアルバム「ぴりぴりのファースト」リリースを控えた僕のレテパシーズ。北からの刺客、古宮大志さんの登場です。
高円寺「四文屋」(文責・取材/利根川)

rete-pro

自分が救いを求める感じで音楽を聴いていたから。そういう意味では今、自分で歌うことで解決しようとしているから。誰か他人に解決してもらうんじゃなくて

――ライブでは何回も見てますが、お会いするのは1年ぶりですね。

大志 そんなになりますっけ?そっかあ。

――ファーストアルバムのリリースが決まったそうで。おめでとうございます。

You material rated sticky cialis on line months and really http://paydayloansghs.com/ Shea but I hesitation … Pretty http://louisvuittonoutleton.com/cheap-louis-vuitton.php Of coarse using golden cheap viagra pills but was situations sparkles payday loans it's great. I that others viagra uk sensitive hair extract bottle. Having finance payday loan Without hard to this payday loans online eliminate. Moisturizer will cannot pay back payday advance loan fading beautiful – I, properly off. Those payday loan western union Move No as don't louis vuitton wallet dimples is think beginning.

大志 ありがとうございます。11月13日に決定しました。まだ発表してないですけど。作るのが大変で、結構前から録ってたんだけど、録音はすぐに終わって、性格的にポンポン録る方なんで。3日ぐらいでぜんぶ録って、なんかミックスが全然いいものができなくて。すごい悩んでミックスの人と試行錯誤しまくったんだけど、最終的に、これ録音が悪いんじゃなくてバンドが悪いんだなと思って、録り直すか出すのを止めようと思ってた。こんなもんじゃないなあと思って。で、いろいろやってたんですけど、俺は音楽を人の100倍くらい聴かないから、歌をつくるのはできるんだけど、こと録音になると本当に無力だなあって、感覚は言えるんだけど「このアルバムは好きでこのアルバムは嫌い」とか言えるんだけど、あ!こんなうまくいかないもんなんだ!?と思って。で、いろいろなバンドのCDを聴いて、自分なりに勉強とかして。

――あえて音楽を聴かないようにしていたんですか?

大志 聴かなくなりましたね。自分が救いを求める感じで音楽を聴いていたから。そういう意味では今、自分で歌うことで解決しようとしているから。誰か他人に解決してもらうんじゃなくて。

――なるほどですね。レコーディングは順調でしたか?

大志 絶望して「どうしてやろう?」って思ってました(笑)なんかみんな「ミックスで変わるよ」って言うから、スケジュールではほんとは10月13日に出す予定だったんですよ。スケジュールが結構差し迫って、最終的にミックスやった人がくれた音源を聴いて、バンドメンバーで話し合って。「どうする?」って。みんな、もらった音の微調整を出そうって言ったのね。俺は100点満点で15点ぐらいだったから。これを出すっていうんだ、こいつら?と思って。そこはもう温度差ですよね。とにかく俺はいいものを作りたいっていう気持ちが強くて。それでミックスの人を変えたんですよ。音源もらってやりとりしてて、昨日初めて立会いでやって。もうバッチリです。

――ちなみに収録曲は何曲ですか?

大志 12曲です。3曲だけ「LIVE AT MOTION」からの曲。「空知」と「SFマンボ」と「札幌ナンバーの最後」だけは前からで、後は全部新曲です。最初はもうあんまり意識しないで普通にやろうか?と思ったんだけど、「LIVE AT MOTION」がけっこう売れたから、その枚数を無視すんのはおかしいっていうか、結局、お客さんは曲で聴いてくれる方が多いじゃないですか?前回には入ってない曲の方がいいんじゃないかな?ってことを前提に。9曲は新曲です。自分はもう全部なんでもいいんですよね。一曲目が「空知」なんですけど「空知」なんてもう13年前の曲ですからね。今さらもうなんもないです(笑)なんもないって言ったらアレだけど、もうワケわかんないです(笑)


1 2 3

なんにもなかった夜には

真昼の月 夜の太陽

島崎智子 ゆっくりマンボーさん

うつぼ

thewatter

僕のレテパシーズ